カテゴリ:本( 7 )

桃色と蒼色

友人から本を借りた



「桃子」
作:江國香織

19歳の修行僧と、両親を亡くした7歳の少女、桃子との恋を描く、大人向け絵本

物語は、山寺に訪れた客人が決して見ては行けない部屋を開けて見てしまったモノについて住職が語るところから始まる


少女の孤独と犯した罪
僧の純粋過ぎる心

読み返し、思い出すたび刺さります


客人が見てしまったものは、
二人の破滅的な愛の成れの果て
[PR]
by my_suzaku | 2011-06-27 02:18 |

淡交社の本

淡交社は京都の出版社さんで、特にお茶関係の本が多い

京都に関する本や、美術書も多い


『日本画の「値段」 -京都画壇の見方、買い方』 川崎正継著 淡交社

この本も、地元に根付いた淡交社さんらしく、

近代の京都画壇の画家100名を紹介する内容で、

著者は、京都の画廊、鉄齋堂のご主人

一人一人の作家について、1ページないし2ページでカラーの絵入りで紹介

美術史家とも、画家とも違う、絵を商品として扱う人の視点が新鮮でおもしろい

画家の歴史的背景よりも、作品そのものの良し悪しに興味が注がれている

紹介する絵も、パブリックに所蔵されているものではなく市場に出回っているものが多く

素人の私には、もの珍しい感じ

カラー図版の下には、タイトルの他、値段も書き添えられている

(ん? 意外と安いけど・・・ホンマかな。という感じですが)


このごろ毎夜、読み返して楽しんでいる本です
[PR]
by my_suzaku | 2010-03-20 22:06 |

「先生、一億円を撒かんとあかんのでっせ」

この乱暴な言葉は

黒川博行著 「 蒼煌 」
の文庫本の帯にあるキャッチコピーだ

さら以下に続ける

「芸術院会員選挙を舞台に、金と権力に憑かれた日本画壇の暗部を描く問題作」

話の内容は、日本芸術院会員の座を争う京都画壇の2人の日本画家と、
それを取り巻く家族、画塾生、画商、政治家たちの人間模様を描く

ばんばん賄賂がばらまかれ、わらわらと人がそれに群がる

舞台は京都、登場人物のほとんどは実在かな?

例えば「淀屋」と「大和」というデパートの美術部員が登場するが、
おそらく「高島屋」と「大丸」のことだろう

なんと竹下元総理?らしき人物も登場

ミーハー心で一気に読んでしまったが、話はそれだけではない

ひと時代の終わりと、次世代のはじまりを予感させ、
「画家は絵を描かなあかん」という印象的な言葉を残す
基本的だけれど、大事なこと

作者の黒川氏は京都市立芸術大学美術科卒業で、ウィキで調べたら奥さまは日本画家だそうな

道理で。。。
美術の経験があるからこその画家のリアルな言葉がでてる

この本を絶妙のタイミングで貸してくださったのは大家さん、
大家さんも芸大卒で私の大先輩
黒川氏と同世代!?

やっぱり京都はせまいせまい~
[PR]
by my_suzaku | 2010-02-03 22:54 |

「 夏目友人帳 」

最近、友人に借りて好きになった

少女マンガ(白泉社)

作者は 緑川ゆき という方

なんと全国テレビ東京系列で放映されてるらしく、少しメジャーなマンガだそうな
(知りませんでした・・・)

ストーリーは
幼少期から親を失い、親戚の内を転々として育った主人公の少年が、
祖母が昔住んでいた田舎町に越してきた辺りからはじまる

少年は小さい頃から妖怪の類が見えるという特質があり、
そのせいで周囲から疎んじられ心に傷を抱えている

すでに他界した祖母も、同じ特質のせいで孤独であった

そんな祖母が残した妖怪の名前が書かれた「友人帳」をめぐる
人間と妖怪との心の交流を描く


「日本昔話」で育った八百万の神さまをもつ日本人が大好きなお話
[PR]
by my_suzaku | 2010-01-08 12:45 |

光源氏の物語


ちょっとありまして「源氏物語」を読み返している

著作権が切れてネットで公開してるからという理由で
選んだのは与謝野晶子現代語訳


以下、物語を読みながら私が口ばしってしまった源氏への罵詈雑言

光源氏の紫の上を見出し、妻とする場面:
「源氏、ワル!!御簾に手を突っ込むって・・・」
「物足りないからといって、一晩で女の家をハシゴするって、どういうこと!!」
「泣くな!!泣いてダダをこねたら何でも思い通りになると思うでないぞ!!」
「この幼女誘拐・・・めが」
「女に対して薄情ではないと、どの面を下げて言ってるの!!」
「もう、すぐ泣く・・・」


ともあれ、この物語に流れるのテーマは「人生、世のはかなさ」か思われた

いつの時代も、死とか無常とどのように付き合って折り合いをつけていくかが、
大事だなあと思う

しかしまあ、現代の倫理観とはかけ離れ過ぎてどっぷりとは感情移入しにくいですが
[PR]
by my_suzaku | 2009-11-23 00:48 |

フリーダの日記

ご近所の方に本を一冊お借りした

Frida Kahlo  フリーダ・カーロ

メキシコの女性画家 (1907-1954)

「AMOR」
「tao」
「Diego」←恋人の名前

体、肉体、
性、男、女、
宗教、
太陽、月、
太極図、
馬、
天使、
受胎、
自己愛、
血、

スペイン語で書かれているので、内容はさっぱりわからないが、
恋人の名前があったり、たくさん絵が描かれている


感情をそのまま絵にしてあって、はっきりいって怖い
女の情念が持つスゴミのようなものを感じる
[PR]
by my_suzaku | 2009-11-07 22:50 |

「 家守綺譚 」


友人に文庫本を借りた  「いえもりきたん」と読む

梨木香歩 著

文庫の表紙が擦り切れていて、何度も読み返したあとが見て取れる

「絶対、好きだと思うから読んでみる?」と友人

カバーの装画は神坂雪佳『雪中竹』 (・・・・・・・むむむ、カワイイではないか)



内容は、亡友の家に家守として住むことになった若い物書き=新米精神労働者の話で、

舞台はおそらく琵琶湖と京都市の間、疎水が流れる辺り

私の予想では南禅寺から銀閣寺の間ではないかと思う

時代は明治(たぶん)、小龍、小鬼、河童、竹精、桜鬼、聖母、亡友等々が、

どんどん登場する



あんまり面白くって、物語に引っ張られてしまい

夕方に銀閣寺辺りの疎水沿いをぶらぶら散歩してしまった

疎水の水面を眺めては、河童が流れて来ないか酔狂に探してしまう

鮎の稚魚らしき小魚が、泳いでいた
a0117603_20115793.jpg

[PR]
by my_suzaku | 2009-07-02 20:01 |


中 尾 美 園(なかお みえん)絵描きの雑記帳


by my_suzaku

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
展覧会 鑑賞メモ
作家活動

雑多
プロフィール
ホームページ みえんの園
お山日記
ゆだま
KOREA EXPO 2012
未分類

以前の記事

2017年 04月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月

天気パーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

最新のトラックバック

今年もりんごをもぎとって..
from 日々の気づきを共有しよう!!
数十年ぶりに、絵筆を取っ..
from 日々の気づきを共有しよう!!

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
アート・デザイン

画像一覧