大阪で個展も開催いたします

a0117603_09473802.gif
個展を開催いたします
新作を出品予定です

関西圏の方はぜひお立ち寄りいただければ幸いです

■中尾美園 個展 Coming Ages■

会期:2016年10月8日(土)-10月29日(土)
休廊み:日・月
時間:火-金 15:00-19:00  土 12:00-19:00
オープニング・トーク&パーティ:2016年10月8日(土)17:00-19:00
会場:Ns ART PROJECT
住所:〒550-0002大阪市西区江戸堀 1-8-24 若狭ビル4階
TEL:090-1151-9338
:四つ橋線肥後橋駅6出口徒歩1分または御堂筋線「淀屋橋」駅12号出口徒歩5分

概要:古典絵画技法と保存修復の理念が、現代アートとして成立する、稀有な絵画世界。記憶、再生、未来がアート/保存とクロスし、視覚と心にしみわたる。

[PR]
# by my_suzaku | 2016-09-22 09:54 | 作家活動

アッセンブリッジ・ナゴヤ2016に参加します

a0117603_14453097.jpg
名古屋港での音楽とアートイのベントに参加します

アッセンブリッジ・ナゴヤ2016

私の作品は、名古屋港近くの閉店した2軒の喫茶店に取材した作品を展示しています
古典絵画の模写の技法を用いた絵画と、それをアレンジした物を、
ギャラリーの1階と2階に展示しています

あいちトリエンナーレにお越しの際は、港町へもぜひお越しくださいませ
音楽もあるので、一日遊べそうです


 ■アッセンブリッジ・ナゴヤ2016「パノラマ庭園 ー動的生態系にしるすー」■
【開催日時】
2016-09-22 〜 2016-10-23
11:00-19:00 (ポートビル展望室は9:30-17:00)
休館日:9/26(月)、10/3(月)、11(火)、17(月)(ポートビル展望室は10/17のみ休館)

【ジャンル】
絵画, 写真, 彫刻・立体, インスタレーション, ビデオ・インスタレーション, イベント, ワークショップ

【会場】
港まちポットラックビルほか、名古屋港〜築地口エリア一帯
エリア:名古屋市内
名古屋市港区名港1-19-23港まちポットラックビル

【料金】
700円(あいちトリエンナーレ2016のチケット提示の方は600円)

【詳細】
「パノラマ庭園 ー動的生態系にしるすー」では、名古屋港界隈をひとつの「庭」に見立て、作庭するように、まちにアーティストや作品が入り込んでいきます。「庭」とは人が長い時間をかけて創造した自然環境と関わる方法であり、つくり手の世界観があらわれるひとつの小宇宙とも言えるでしょう。
「庭」は人が丹念に手を加えることで、新たな姿へと変容していきます。「まち」も庭と同様に、人が関わり対話を重ね続けることで、新たな「まち」へと日々変化していきます。常に動き続ける「まち」の様相をひとつの生態系と捉え、アーティストや作品が、鳥のようにまちを眺め種子を運び、虫のようにまちのすき間に入り込み、その生態系に何かのきっかけを残すことを試みます。 
本展では、このエリアを舞台に新たに制作された作品の展示を中心に、ワークショップやトークなどのイベントを開催します。
庭園を散策するように展覧会をお楽しみください。

出展作家 | 碓井ゆい、臼井良平、L PACK、遠藤俊治、オル太、城戸 保 、クリス・チョン・チャン・フイ、コラクル+渡辺英司、ゴードン・マッタ=クラーク、下道基行、鈴木悠哉、玉山拓郎、徳重道朗、トラベルムジカ、中尾美園、ヒスロム、山本聖子

企画 | 服部浩之、Minatomachi Art Table, Nagoya [MAT, Nagoya](吉田有里、青田真也、野田智子)

主催 | アッセンブリッジ・ナゴヤ 実行委員会
[PR]
# by my_suzaku | 2016-09-21 14:43 | 作家活動

ゆだま18泡目報告 詩と抽象的な感覚

5月29日に開催しました「詩と夜」の会の報告です

a0117603_9335081.jpg

会場となった陶々舎さんは、庭木の手入れが行き届き、
畳敷きの大きな床の間がある、清潔ですっきりとした古民家

a0117603_936873.jpg

そこに文机を並べ、ミレットさんのお料理で彩ります
味も見た目も素晴らしい点心
ミレットさん曰く、「感覚が研ぎ澄まされるようなお料理」
野菜はもちろん、お塩ひとつ、お味噌ひとつとっても美味しい
そして大皿には、野中先生のたくさんの野菜!

a0117603_9404416.jpg

点心の後は、陶々舎さんによるお茶のおもてなし
灯りは和ろうそくだけ
客は茶碗を高くかかげ、亭主がその中に湯を注ぎ、お茶を点てます
茶碗を持つ手のひらで、茶せんの動きが感じられ、
共に茶を作り上げる一体感と、まさに、お茶を頂くという気がします

a0117603_945625.jpg

お茶の後は、
詩人の白井明大さん
和ろうそくの大西巧さん
それから陶々舎さんの天江大陸さんも加わっての、クロストーク

ろうそくと茶にちなみ、それぞれの立場で、火と水のことについての話し
白井さんの揺らぎと暮らしについての話や、詩の朗読
ろうそくの灯りの中で聞くと、周囲が暗く静かで、話す言葉のひとつひとつが、
聞き手に、するすると入ってくる感覚を覚えました

私が心に残ったお話しは、白井さんがお茶の気持ちになってみて、気づいてたこと

a0117603_9471138.jpg
-亭主が持った水差しの水は、注がれて、客がささげ持った茶わんの中にある抹茶と混ざり、お茶にとなる
(その動きの間に)人間は二人だけれども、水差しから茶わんに移るお茶からすれば、
その一連のつながりは、ひとつのものであるなあー ということ 

白井さんの話を引用すれば、
この茶室に集い、空間をつくりあげている亭主も客も、
茶事という点においては、ひとつのものになっていたかもしれません

闇で周囲のものがあまり見えないと、抽象的な感覚となって
不思議な夜でした

今回もほっこりとよい、ゆだまでした
皆様ありがとうございました

a0117603_9485516.jpg

[PR]
# by my_suzaku | 2016-06-01 09:50 | ゆだま

【お知らせ】ゆだま十八泡目 詩と夜

今回のゆだま企画は、
一つのつながりが、別のつながりを生んで、このような素敵な展開となりました

茶の空間、
和ろうそくの灯り、
そして詩の朗読。。。

盛りだくさんの内容となります!


まず
会場やお茶事をご担当していただくのは、京都のお若い茶人集団 
陶々舎さん
a0117603_9332169.jpg

上の写真、陶々舎さんHPより転載
大徳寺の西側に位置する昭和初期に建てられた家で、お茶な日々を過ごしてらっしゃいます


和ろうそくのお話をしてくださるのは、滋賀県でろうそくを手作りされている
近江手造り和ろうそく 大與  四代目当主の大西巧さん
植物のハゼから作る蝋は煙が少なく、蝋もあまり流れ出ず、柔らかに空間を照らします
大西さんには、和ろうそくのお話をしていただきます

そして詩の朗読やお話は、2013年のゆだまで旧暦のある暮らしについて講師をしていただいた
白井明大さんに再度お越しいただきます  2013年十泡目の様子
和ろうそくの大西さんとのトークや、季節のお話、
詩の朗読、牛やカワウソが登場する童話のお話を予定しています



お茶事と和ろうそくと重なり合って、どのようなお話が生まれるのか楽しみ

皆様のご参加お待ちしております



日 時 2016年5月29日(日) 18:00~21:00  

内 容 お抹茶席(薄茶)  陶々舎
    点心(食事) CAFE MILLET
    詩人白井明大と、和ろうそく職人大西巧のお話
    暦のお話、詩の朗読 白井明大

参加費 4000円(茶席・点心を含む) 

募集人数 約20名

場 所 陶々舎 http://totousha.com/
    京都市北区紫野大徳寺町63-38 ※駐輪15台まで可能
    アクセス
    ・最寄「船岡山」市バス停 徒歩10分
     今宮門前通を上がり、孤篷庵行き石畳を西へ
    ・「大徳寺前」市バス停 徒歩15分
     大徳寺境内を西へ通り、孤篷庵行きの石畳を西へ
     グラウンドに面した角家 陶々舎/日常にお茶がある事を提案する。

申込みは、いとう か なかお までお願いします!


【講師プロフィール】
白井 明大(しらい あけひろ)
詩人。詩を書くかたわら、暮らしの本などを執筆。
著書『日本の七十二候を楽しむ―旧暦のある暮らし―』(東邦出版)。詩集『生きようと生きるほうへ』(思潮社)で、丸山豊記念現代詩賞受賞。
HP 無名小説


大西 巧(おおにし さとし) 
近江手造り和ろうそく大與、四代目当主。
自然の素材にこだわり、ろうそくを作りつづけている。自然を暮らしの中に取り入れた丁寧で豊かな暮らしを提案している。
HP動画で蝋燭を作っているところが見られます。 かっこいいので是非


【会場・茶事】
陶々舎(とうとうしゃ)
日常にお茶がある事を提案する。
茶の湯集団「鴨ん会」の中山福太朗、外国生まれ外国育ちの日本人である天江大陸、裏千家みどり会でお茶を学んだチリ人のガイセ・キキ。
HP Photos
お茶で色んな試みをされていて、HPに素敵な写真が掲載されています


【点心】
カフェ・ミレット
京都静原でヴィーガン(オーガニック・ベジタリアン)フードを提供するお店です。
野菜を旦那様が作ってらっしゃいます。
ゆだまの懇親会ではお馴染みのミレットさん。
食べると身体が喜ぶようなお料理で、毎回とても楽しみにしています。

a0117603_10324577.jpg

[PR]
# by my_suzaku | 2016-05-05 10:34 | ゆだま

うちわまき梵網会に参加します

今年も奈良の唐招提寺でのうちわまきに、絵を奉納いたします

唐招提寺さんへの、絵の提出は4月末なので、本日速達でお送りさせていただいた次第・・・
お近くの方はご高覧いただければ幸いです

古典文様ではお馴染みの「花喰い鳥」ならぬ、花喰い猫
この絵をハート型に切り抜いて、うちわに仕立てられます
a0117603_2391519.jpg


a0117603_2392720.jpg


中興忌梵網会(うちわまき)
日時:平成28年5月19日
会場:唐招提寺
   近鉄電車西ノ京駅下車 徒歩8分
   奈良交通バス 近鉄・JR奈良駅前前より六条山行乗車・唐招提寺前下車

※当日は舞楽奉納もあります
※全国諸名士(?)の揮毫絵うちわ、絵うちわ百双屏風を境内で展観
※午後1時より法要、うちわまきは午後3時より
[PR]
# by my_suzaku | 2016-04-30 23:18 | 作家活動


中 尾 美 園(なかお みえん)絵描きの雑記帳


by my_suzaku

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
展覧会 鑑賞メモ
作家活動

雑多
プロフィール
ホームページ みえんの園
お山日記
ゆだま
KOREA EXPO 2012
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月

天気パーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

最新のトラックバック

今年もりんごをもぎとって..
from 日々の気づきを共有しよう!!
数十年ぶりに、絵筆を取っ..
from 日々の気づきを共有しよう!!

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
アート・デザイン

画像一覧